信夫山の魅力

東西南北で変わる、信夫山の見え方

福島盆地の真ん中に、ぽっかり浮かぶ信夫山。市街地の中にある里山として、全国でも珍しい存在だ。孤立丘だから東西南北でまったく表情がかわる。ぐるりと一回りしてみよう。

信夫山は、高さ275m、東西2.7km、南北1.4km、一周7kmの里山。西に一盃森と呼ばれる小山を従えている。(おもしろ探索ブック / 大徳坊がつくった信夫山参照)

弁天山から
 
北部から   南部から
 
東部から   西部から

コメントをお寄せください。

管理人にのみ公開されます



同じカテゴリの記事

最新の記事