信夫山の魅力

信夫山「わらじい」登場!

以前から、信夫山にふさわしいキャラクターが欲しい、と考えていた。そこで頂上の羽黒神社に奉納されている(日本一の大わらじ)に注目、地味なわらじを可愛いゆるキャラに変身させてしまった。名付けて「わらじい」。

プロフィール
•名前は、通称「信夫山わらじい」。本名は羽黒護佐衛門藁介(はぐろごんざえもんわらすけ)、
もとは羽黒大権現仁王様の守番だった。
•歳は、300歳以上。奉納された大わらじから生れたという。身体はワラでできている。
•性格、足の悪い人や、恋人同士を見ると放っておけなくなる、
【健脚と足腰の壮健】わらじから生れたからご利益抜群じゃ、と本人が保証。
【縁結び】羽黒神社にお参りすればたちまち良縁が結ばれる、と公言している。

warazi plot

登場した途端に「可愛い」と囲まれて、一緒に写真を撮ったり、握手されたり人気者に。信夫山関連イベントや、市内観光イベントに引っぱりだこになってしまった。
テレビ・新聞にも登場して、これからも人気上昇の気配、やったね。

walk yama02
goal out
race stage
stay01 stay02

 

「わらじい御守り」も出来た!
わらじい誕生にとともに、奉納される大わらじのワラを入れた(わらじい御守り)も完成。 2/10日の暁まいりの大わらじの奉納の際に、人々がワラを引き抜いてお守りとしてきたもので、もちろんご利益は、健脚と縁結びだ。鈴つきのストラップで可愛い。

omamori pop


猫のしあわせ祈願ができる、ねこ稲荷!

信夫山に古くからある西坂稲荷(ねこ稲荷)は、伝説の信夫の三狐の一匹(信夫山の御坊狐)を祀った稲荷だ。人化かしの天才だった御坊狐は、数々のワルさを繰り返していたが、ある日、仲間の鴨左衛門に裏切られ、自慢の尻尾を失ってしまう。神通力を失った御坊狐は、すっかり改心して、養蚕の敵ネズミを退治する、ねこ稲荷となり村人から大切にされた。
そこで、すっかり古びてしまった御山のねこ稲荷を復興、猫のしあわせ祈願祭を行い、愛する猫の写真を貼ってもらったところ、大人気となりたちまち満杯に、今では絵馬に貼って重ねて展示している。猫ファンには見逃せないスポットだ。

guide03 guide04
neko01 neko02
neko03 neko06
neko05 neko04

 

ねこ稲荷のみたらし池には、天然記念物であるモリアオガエルが生息しており、保護観察されている。池上の木の葉に真っ白な泡状の卵を産みつけ、オタマジャクシとなって池に落ちる。

neko07



信夫山ガイド養成講座と公認ガイドの活躍

信夫山の魅力を、楽しく正しく伝えようとすれば、さまざまな知識が必要になってくる。地理・展望・自然・歴史・史跡・動植物、加えて癒し・健康・学習などの多彩な視点も必要である。
そこで、信夫山ガイドの研修プログラムを作成、座学2h×6回、現地3h×3回の研修を行い、さらに信夫山検定試験を実施して、一定レベルの「信夫山ガイド」を育成した。現在、30名の公認ガイドが誕生し、信夫山探索コースのガイドを行っている。
・福島市観光コンベンション協会認定、毎月第2第4土日催行、参加費1人600円、信夫山わらじい推奨4コースを中心にガイド、(問)=TEL090-6256-1313 浦部またはTEL080-6630-1804 岩城へ

guide guide02


金鉱だった信夫山

信夫山は昔、優秀な金山で鎌倉後期から金が掘られていた。終戦間近まで大日鉱業が採掘していたがついに掘りつくしてしまい、閉山となってしまった。そのため、信夫山にはいたるところに金を掘ったたぬき掘りの穴や、本格坑口が点在している。
有名なものに金龍坑があるが、昭和30年代に中学生が落ちて死んでしまう事件があり、その後さらに2人、合計3人も亡くなって、コンクリートで塞がれてしまった。金龍坑は、信夫山の北側に貫通していて北口は現在でも開いている。

信夫山の地下にねむる秘密工場。
陸軍最高機密の「フ」工場跡

信夫山の金鉱跡は、終戦まぎわ、旧陸軍の秘密工場として利用された。実際に稼動したのは信夫山の西側、森合配水池の北側にあった山根工場といわれたところだ。
旧中島飛行機(富士重工→スバル)隼のエンジンを組み立てていたもので、6本の坑道が切り開かれ、南側からも3本の坑道が掘られて、中で複雑に交差していた。
当時の学徒動員とか、朝鮮(韓国)の人達が動員されて掘ったもので、’92年に福島東高校歴史部の生徒と山内先生によって内部が明らかとなり、その歴史と意味が探求され、新聞等に発表された。

kinko-004 kinko-001
金竜坑入口 金竜坑北口
kinko-002 kinko-003
秘密地下工場入口 秘密地下工場調査


信夫山未来展の開催

201310minyu



東西南北で変わる、信夫山の見え方

福島盆地の真ん中に、ぽっかり浮かぶ信夫山。市街地の中にある里山として、全国でも珍しい存在だ。孤立丘だから東西南北でまったく表情がかわる。ぐるりと一回りしてみよう。

信夫山は、高さ275m、東西2.7km、南北1.4km、一周7kmの里山。西に一盃森と呼ばれる小山を従えている。(おもしろ探索ブック / 大徳坊がつくった信夫山参照)

弁天山から
 
北部から   南部から
 
東部から   西部から


信夫山の概要

福島県福島市の信夫山は、福島盆地の中央にぽっかりと浮かぶ緑の里山で、太古の昔からふるさとの象徴として人々に愛されてきた。東西2.7km、南北1.4km、周囲約7km(皇居とほぼ同じ面積)の、四季折々の美しい山である。独立丘なので360度の大眺望がある。市街地の真ん中にこんな山があるのは全国でも珍しい。

中央に羽黒山(はぐろさん)(標高260m)、西に羽山(はやま)(標高275m)、東に熊野山(くまのさん)(標高268m)、さらにその北に立石山(標高220m)、といくつもの峰から成り立っており、昔から山岳信仰の山として知られ、それぞれの山頂には信仰の対象である神仏が祀られている。平安の昔から、かずかずの歌枕に登場しており、石姫皇后伝説など多くの歴史と伝説に彩られている。

豊かな自然環境と生態系を持ち・地質学・健康・癒しなど、興味の尽きない山である。1000万年前は海底にあり、隆起や陥没を経て現在の残丘となった。戦前まで純度の高い金を産出した、化石もある。

 

きみ恋うる 涙しぐれと 降りぬれば 信夫の山も 色づきにけり千載和歌集 成仲信夫山 しのびて通う 道もがな 人の心の 奥もみるべく伊勢物語 在原業平いかにせむ 信夫の山を 越えかねて 帰る路には また惑いける滋円



「信夫山ジオラマ」をつくる

信夫山は福島市民のシンボルである。しかし、盆地の中にぽっかりと浮かんでいる孤立丘だから、東西南北でまるで見え方が違う、そのため全体像を知る人は少ない。そこで、信夫山ジオラマを作ることにした。

どうせならと、住宅地図の上にかなり大きな縮尺で作ることに挑戦、車道や山路の正確さ、展望台・神社・史跡の位置にもこだわっている。われながら見事なジオラマが完成した。やったね

 
等高線で、躯体となるスチロール板の切り出し1/2000(高さだけは120%に強調)   角を落とし紙粘土で傾斜を補正、信夫山の形ができる
 
色塗りで下地をつくり、森や林を慎重に植え付けて行く   道路・山路を正確に貼付ける、糊つけ作業中
 
だんだんと全体像が見えてきた、この作業で2日徹夜   できた! われながら労作
一部取り外し式、秘密地下工場配置図も見られる
 
制作日数約10日、徹夜も入った。結構大きいね   八香会展示会でお披露目、現在は「信夫山ガイドセンター」に展示中
 
結構人だかりができて、説明にも熱が入った   信夫山の未来について問題提起も


奇石を訪ねる(信夫山48石)

信夫山がなぜ面白いか。というと景観や自然に加えて、さまざまな史跡や物語があることだが、おどろくことは、信夫山に登るとそれらの史跡が、すべて現物としてそこにある。

その一例が48石だ。早速、伝説の奇岩・怪石をいくつかを覗いてみよう。いずれも探索路にあるので、容易に見ることができる。
詳しくは、探索ブックの項「信夫山48石の秘密」を参照48石一覧表もある。写真の最後には(おもしろ話し)も付けておいた。

(座禅岩)

弘法大師空海が、座禅を組み悟りを開いたといわれる岩、羽山の月山神社駐車場の下にある


(弁慶の膝かぶ石)

羽黒神社の下にあり、膝痛で悩む人はこの穴に膝を当てると、平癒するといわれる


(五つ石)

第一展望台の上、熊野ババの悲しい伝説と5匹の犬の化身


(重箱岩)と(屏風岩)

昔の第二展望台にあたる、現在の展望台の左下、垂直に聳える屏風岩はぐるりと回れる


(夫婦岩)

第二展望台からテングラ森に行く路にある、子宝に恵まれると信仰された岩


(びっき石)

48石ではないが見事なカエル石、小金山公園の近くにあり、昔の雨乞いの祈祷石だった、裏に雷神碑がある


石姫伝説の(お籠石)と(腰かけ石)

29代欽明天皇の昔、信夫山には皇后さまと皇太子さまが逃れてきたのだ

まだまだ、沢山の奇岩・怪石があるので、ぜひ信夫山を探索してほしい



同じカテゴリの記事

最新の記事